東京都 不動産鑑定 不動産鑑定評価のことなら東京都千代田区の首都圏不動産鑑定株式会社へお任せ下さい!!

東京都 不動産鑑定 不動産鑑定評価|首都圏不動産鑑定 Top Page
東京都 不動産鑑定 不動産鑑定評価|首都圏不動産鑑定 継続賃料
継続賃料とは
評価手法について
首都圏不動産鑑定の事例
留意点
継続賃料Q&A
東京都 不動産鑑定 不動産鑑定評価|首都圏不動産鑑定 立ち退き料
立ち退き料評価とは
東京都 不動産鑑定 不動産鑑定評価|首都圏不動産鑑定 証券化評価
証券化評価とは
東京都 不動産鑑定 不動産鑑定評価|首都圏不動産鑑定 土壌汚染・アスベスト
土壌汚染評価          アスベスト評価とは
東京都 不動産鑑定 不動産鑑定評価|首都圏不動産鑑定 インフォメーション
お役立ち情報
会社概要
報酬規定
リンク集
お問い合わせフォーム

東京都 不動産鑑定 不動産鑑定評価 首都圏不動産鑑定
                  留意点


***ライン

■留意点について
留意点についてご案内いたします。

1)鑑定評価書か否か
東京都 不動産鑑定 不動産鑑定評価 首都圏不動産鑑定 相手から提示されたものが、鑑定評価書か否かが重要になる。
鑑定評価書となると決まりごとや処罰規定が厳しいので、意見書、
調査報告書で作成している可能性が高い。

さらに、意見書、調査報告書の場合には、自己に都合の良いように
作成している可能性がある。
***sp
***ライン

2)依頼目的と内容、条件について
東京都 不動産鑑定 不動産鑑定評価 首都圏不動産鑑定 希望価格に近づけるための目的や条件等が入っていることがある。
***sp
***ライン

3)価格の種類
東京都 不動産鑑定 不動産鑑定評価 首都圏不動産鑑定 継続賃料の問題ではあるが、新規賃料の評価になっている場合が多い。
つまり、周囲の賃料はこれ位なので、この辺 にしたいという希望が
含まれている。
***sp
***ライン

4)その他
東京都 不動産鑑定 不動産鑑定評価 首都圏不動産鑑定 おかしいと思ったら、相手から提示された評価書等を不動産鑑定士に
チェックしてもらうと良い。

弁護士に見てもらう手もありまるが、近年はテクニカルな部分での争いが多い
こと、地域における賃料変動率の把握は専門家でなければ判らないこと
などから、最終的には鑑定士に意見を求めないと難しいと思われる。

その際に気を付けるのは、継続賃料の場合は、周囲の賃料水準と比べて
適正か否かではないことである。最後に合意した時点から現在までの
賃料変動率が正しいか否かが重要なポイントとなる。
***ライン

継続賃料Q&Aはこちらから

***ライン

■お役立ち情報はこちら
首都圏不動産鑑定のお役立ち情報を
ご紹介しております。こちらからどうぞ。
東京都 不動産鑑定 不動産鑑定評価 首都圏不動産鑑定

***moretopics
継続賃料とは評価手法について首都圏不動産鑑定の事例
留意点継続賃料Q&A
***ライン

■不動産鑑定なら、首都圏不動産鑑定株式会社へ!

***ライン

▲topに戻る

COPYRIGHT(C)2008 東京都 不動産鑑定|首都圏不動産鑑定 ALL RIGHTS RESERVED.